銀座の隠れ家 「鮨一」 興奮のお昼

画像


銀座の隠れ家「鮨一」さんに予約の12時に到着。ピンポーンとチャイムを押して中に案内された・・・・・・

「ソナチネ様いらっしゃいませ。ようこそお待ちしておりました。」

2階に上がると10席くらいのこじんまりしたお店ですが超高級感があってちょっと緊張気味。

「嫌いなものはございますか?」~あるわけないでしょう。わたくしライオンでもトラでも食べます。~

「僕はさばとか青い物が苦手です。」~なんじゃと?言わんでもいいのに~あとでおぼえておけ~。

「はいわかりました。」

ではみなさまもご一緒に極上のおすしいただきましょう。

画像


全員男前でした。包丁さばきも目のご馳走です。

画像


「ブログに載せるんで写真いいですか?」「どうぞ・・・」

「ソナチネちゃんカメラなおしておきなさい。」「嫌。許可もらったもん。絶対に嫌。」

画像


まずは水菜とくじらのはりはりなんとかでございまーす。もう美味しすぎて声も出ません。薄味です。

画像


なんとかのゴマ豆腐でございまーす。この品格のある味は流石じゃ。

画像


ぶりの焼き物でございまーす。「骨ないかな~」~うるさいな。あっても食べろ~

にぎりに入ります。「シャリの加減はこれで宜しいでしょうか?」

~宜しいのに決まってるじゃないですか~

画像


ひらめでございまーす。わ~お口の中でとろけます。ちっちゃいおすしで1秒でなくなった。

画像


なんとかでございまーす。

画像


これはわかる。いかで-す。ナントカいかって言ってたけど忘れた。

画像


まぐろのづけでございまーす。

画像

待ってました。中トロでーす。このコースはオオトロは入ってませんでした。がっくりがくがく。

画像


なんとかでーす。岩塩とかついてあってお醤油はつけなくてもOkです。

画像


またまたなんとかでーす。

画像


出ました。いくらちゃんとうにちゃん。興奮してピンボケです。

画像


車海老は私達を歓迎して踊ってくれておりました。プリプリでお口にも中で踊ってます。

画像


車海老の頭も焼いていれました。美味しいのなんのって・・・・・もう香ばしいんです。もう一個ほしい。

画像


上品な赤だしでーす。どこまでもどこまでも品格がありんす。

画像


これも大好きなあなごちゃん。焼いたのと蒸したのと・・・・どっちもとろけました。

画像


わ~い。大好きな甘い甘いたまご焼き。オイチイよ~。

画像


デザートはバナナのなんとかとなんとかのアイスクリームから私達はアイスクリームに。

私達は芙蓉コース5250円。満足しました。

10席ほどはすべて予約で満席でした。みなさん豪華なコースを食べておられました。

お昼からワインも飲んでおられました。銀座の隠れ家はすごかった。久しぶりに興奮して若返りました。

東京行きが決まってすぐに予約しました。

実は岡山のグルメのnyankoさんのブログで紹介されてて行ことに決めました。

銀座でお寿しなんて夢の夢。恐くては入れません。特に夜はね。

良い格好しても仕方ないんで予約の時に「ネットで見て是非に行きたくて電話してます。

大阪から行きますのでお昼の**のコースでお願いします。」

どっちみちばれるんだからはじめから田舎者だと言ってるほうが楽に決まってる。

銀座の隠れ家ですぞ。ブログに乗っけるっていったら気持ちよく写真もOKでした。

まわってないおすしもたまには良いね。大満足のお昼でごじゃった。



このあと東京駅に行きます。新幹線の時間まで周辺を歩きます。つづく・・・・・フー。